ITエンジニアとは?ざっくり理解するITエンジニアの仕事

ITエンジニアとは?ITエンジニアの種類

ITエンジニアが不足しているという現状

IT産業が普及してから急激に需要が伸びたエンジニア。エンジニアの仕事は日々生まれていて、今後もまだまだ需要は伸び続けることが見込まれます。ここ10年で急速にIT産業が発展したために、現在でもエンジニアが不足しており、これからエンジニアとして活躍したい、手に職をつけたいという人は、様々な企業から歓迎されます。

ITエンジニアの種類

ITエンジニアと聞くと、漠然とプログラムを書く仕事…というイメージがあります。具体的にはどのような仕事をし、どのような場所で活躍するのでしょうか?

プログラマー

WEBサイトのカートシステムや注文画面の切り替え、動的システム、スマートフォンのアプリなどをプログラミングして作成します。皆さんがスマホで楽しんでいるゲームやアプリ、WEBサイトでショッピングする時に使用するシステムはプログラマーが開発しているものです。

SE(システムエンジニア)

ソフトウェア開発の流れを決定したり、設計図を書いたり、テストなども行います。開発全体の中で上流工程を行い、具体的な記述はプログラマが行うことが一般的ですが、その線引は企業の方針やプロジェクト内容より変わります。SEは外部の仕事を行う人と、自分の会社内の仕事を行う人(社内SE)に大別できます。

ネットワークエンジニア

パソコンやスマホなどのIT機器が、ネットワークの中で安全かつ円滑に通信できるように、ネットワーク全体の管理や設計などを行います。機器と機器や電力配線などもネットワークエンジニアの仕事です。

社内SE

外部の仕事を請け負うのではなく、社員として会社の内部のIT関連の仕事を行います。自社のパソコンや機器の設定、IT機器が効果的に利用できるようにするためのシステムづくり、故障した時の対応などを任されます。

HOME > IT業界・クリエーター > ITエンジニアとは?ざっくり理解するITエンジニアの仕事

このページのTOPへ

© 2018-2020 転職成功の栞&幸運を呼ぶ転職術 リベラロンド