HOME >  都道府県エリアで選ぶ転職サイト > 山形県の転職サイト・おすすめエージェント一覧|正社員・アルバイト・派遣求人

山形県の転職サイト(転職エージェント)一覧|正社員・アルバイト・派遣求人

デザイナー・クリエーター
設備・建築・建設業の転職

山形県の産業別就業者の割合

2015年の山形県の人口は1,124千人(35位)・就業者数は562千人です。
50.00%の人が就業しています。

山形県の産業別就業者の割合は次の通りです。

農業・林業 建設業 製造業 運輸業・郵便業
9.1% 8.7% 19.7% 3.5%
19位 15位 45位 11位
卸売業・小売業 宿泊業・飲食 サービス業 医療・福祉 サービス業 ※1 その他
14.8% 5.0% 12.7% 4.9% 21.6%
16位 6位 20位 2位  

※1) 他に分類されないもの
・(平成27年国勢調査 就業状態等基本集計結果より)

山形県の産業

夏は暑く冬は雪に包まれる、山形県のメリハリある気候は農畜産物にとっては理想的で、山形が農業王国と呼ばれるゆえんです。美味しいお米のための清らかな水と、昼夜の寒暖差が大きい盆地型気候の山形県では、恵まれた気候風土で育ったお米を厳格な検査をしたうえで、山形ブランドとして全国へ出荷しています。
山形県は、奥羽山脈などの山々が、オホーツク海や太平洋からのヤマセ(冷たい風)の侵入をさえぎるため、冷害が起こりにくく、山々からの雪解け水は「最上川」の清らかな流れとなって大地を潤し、水稲栽培に適した肥沃な土壌が理想的なお米を作っています。

山形県の稲作は1877年ごろから近代化が始まり昭和初期には反当たりの収量が全国平均を大きく上回るようになりました。篤農家(とくのうか)が多く、米作りにおいても官民一体の取り組みが早くから機能したのがその一因です。
山形県の稲作地帯が複雑な土壌を持つことから、昭和期には、地力依存性の高い稲に対し、土壌肥料管理と水管理をこれまで以上に重視するようになり、栽培技術の向上につながっています。

山形県の概要

2017年水稲作付面積:64,500ha(全国第6位)
2017年主食用米収穫量:337,300トン(全国第6位)
2016年農業産出額:2,391億円うち米は804億円(全国第4位)
2016年食料自給率:139%(全国第3位)
総農家数:46,224戸(山形県内総世帯数の11.7%)

山形県のくだもの

自然環境に恵まれた山形県は台風などによる自然災害も少なく、農作物の栽培に適した環境です。生産量全国1位の「さくらんぼ」をはじめ、果物や野菜など、日本を代表する農畜産物を生産しています。
山形県は果実がおいしく育つのに適した気候風土、きれいな水と空気、昼夜の温度差の大きさなど恵まれた条件が揃っており、「果物王国」とも呼ばれるほどたくさんの果物が栽培されています。さらに山形の四季は、夏は暑く、冬は厳しい寒さとなる気象条件が、様々な果物を育て、おいしく実らせます。

さくらんぼ

さくらんぼは日本では初めて山形県に入り全国で栽培を始め、実績をあげました。ブランド「佐藤錦」は県内栽培の約70%を占めます。

ぶどう

山形県でのブドウ栽培は、江戸初期に甲州から持ち込まれ、始まりました。

メロン

香り高い果肉の「メロン」は山形県庄内の砂丘地帯で育つみずみずしい夏の味覚です。主流の「アンデスメロン」は全国から高い評価を受けています。

すいか

夏すいかの生産量は山形県が日本一です。山形県の「すいか」は、口当たり、甘さ、味など全てで定評があります。

山形県の桃は豊かな芳香とビロードのような果皮に人気があります。

東北でつくられる渋柿のなかでも評判の高い山形県の「かき」。果物の中でもビタミンやカロチンの豊富なことから風邪の予防効果も期待されています。

ラ・フランス

山形県は「果物の女王」と呼ばれるラ・フランスの産地としても有名です。

りんご

山形県の「ふじ」は半分に割ると真ん中に黄色い蜜が溜まっています。無袋栽培による恩恵です。

山形県の野菜

周囲を高い山々に囲まれた山形県は、山の幸や伝統野菜をはじめ野菜の宝庫です。肥えた土と最上川の清らかな水によりたくさんの野菜が育ち、南から北へリレー栽培された野菜は、四季それぞれに美味しさを保ったまま出荷されます。

山形牛と庄内豚

冷たく清らかな雪解け水が山形県の豊かな大地を創り、その土地で育った山形牛、庄内豚の味と品質の高さは全国的にも知られ、高い評価を得ています。豊かで深い風味は山形県の健康で豊かな大地が生んだ芸術品とも言えます。

山形牛

全国にその名をとどろかせ、食通をもうならせる「山形牛」のとろけるような食感はまさに絶品です。
山形肉牛協会では、山形牛の消費拡大と安全性のPR、啓発資材の配布、山形牛販売促進キャンペーンの実施、山形牛販売指定店の拡大推進活動など、山形牛の一層の普及・定着、ブランド化に取り組んでいます。

庄内グリーンポーク・ぶーみん

専用飼料で育てられた庄内豚は、あっさりとした甘みのある脂肪と、やわらかく味わいのある赤身です。

山形県牛乳普及協会では、牛乳・乳製品の消費拡大をはかるため、日常の食生活にもっと牛乳・乳製品を取り入れてもらう目的で、牛乳・乳製品を使用したオリジナルの料理・菓子・デザートの作品を募集しコンクールを開催しています。

山形県の水産物

山形県ではアユ、ニジマス、イワナ、サケ、サクラマス、ヤマメ、コイ、モクズガニ、サワラ、トラフグ、ホッコクアカエビ、ズワイガニ、アワビ、イワガキなど、さまざまな魚介類が捕獲され、これらの美味しい魚を求めて観光に訪れる人もいます。サクラマスは「山形県の魚」に選ばれています。脂ののったサクラマスのおいしさはマス類の中でも最高と言われています。

山形県の製造業

山形県では、労働人口の減少や企業のグローバル化に伴う労働力の流出が激しく、製造業をいかに継続的に促進するかが山形県の課題となっています。
独自技術を持つ中小企業が多数あり、世界最先端の技術開発も行われており、産学連携をはじめとする支援を行政が行うことで、多様な技術のさらなる発展が期待されています。
有機エレクトロニクス関連技術やバイオテクノロジについて企業や大学が共同研究を行っており、官民が一体となって産業を生み出す努力を行なっています。