正社員にこだわるよりも無職の期間をできるだけ短くする

正社員にこだわるよりも無職の期間をできるだけ短くする

転職において、無職の期間はできるだけ短くすることが重要ですので、在職中に転職活動をすることが重要ですが、現職の会社の時間管理が厳しい場合は退職してから転職活動をスタートすることになります。それでも情報収集や転職エージェントへの相談など、出来る限り進めておく方が、現役の意識の高さで次の転職にも臨めるでしょう。

1度退職してから情報収集などを始めると、次の転職までに時間がかかってしまいます。なかなか転職先が決まらなかった場合、「他の企業で必要とされなかった理由」を探されてしまう可能性もあります。しばらく旅行したい、休養したいと言う場合も、長すぎる休暇を取ると、「本気で働く気がない人」と思われることがあるため、しっかりとスケジュールを立てて活動をしましょう。

納得してもらいにくい長いブランクはできるだけ避け、退職してから転職活動を行う場合は、3ヶ月で次の仕事に就くつもりで集中して活動して下さい。 企業は現役感の無い人を避ける傾向にあり、1度ゆっくり落ち着いてしまうと熱意が無くなっていたり、健康上の不安を抱えていると思われることもあります。

やむを得ない事情でブランクが出来てしまった場合

親の介護や家族の事情、自分の病気などで、半年から数年という長いブランクができてしまうと、転職ではなく再就職になります。その場合は正社員として就職するハードルが高くなり、理解のある会社に出会えるチャンスは少ないかもしれません。 ある程度は運になってしまいますが、どうしても就職先が決まらなかった場合は、正社員にこだわらないという選択肢もあります。 まずは契約社員としても良いから採用して働きを見てほしいと伝えたり、社員登用の可能性がある契約社員募集企業に応募します。 企業は常に良い人材を探しています。不景気で人材募集をしていない会社でも、会社に利益をもたらす人であれば、ぜひ正社員採用をしたいのです。働きぶりの良い人は、企業から必要とされ、正社員として登用される人もいます。 ブランクが続くよりは、実績をつくりスキルアップする方が有意義です。働く姿勢を証明するためにも、最初から正社員になることにこだわらず、正社員へのステップアップも考慮して、作戦を練りましょう。

転職において、無職の期間はできるだけ短くすることが重要ですので、在職中に転職活動をすることが重要ですが、現職の会社の時間管理が厳しい場合は退職してから転職活動をスタートすることになります。それでも情報収集や転職エージェントへの相談など、出来る限り進めておく方が、現役の意識の高さで次の転職にも臨めるでしょう。

1度退職してから情報収集などを始めると、次の転職までに時間がかかってしまいます。なかなか転職先が決まらなかった場合、「他の企業で必要とされなかった理由」を探されてしまう可能性もあります。しばらく旅行したい、休養したいと言う場合も、長すぎる休暇を取ると、「本気で働く気がない人」と思われることがあるため、しっかりとスケジュールを立てて活動をしましょう。

納得してもらいにくい長いブランクはできるだけ避け、退職してから転職活動を行う場合は、3ヶ月で次の仕事に就くつもりで集中して活動して下さい。 企業は現役感の無い人を避ける傾向にあり、1度ゆっくり落ち着いてしまうと熱意が無くなっていたり、健康上の不安を抱えていると思われることもあります。

やむを得ない事情でブランクが出来てしまった場合

親の介護や家族の事情、自分の病気などで、半年から数年という長いブランクができてしまうと、転職ではなく再就職になります。その場合は正社員として就職するハードルが高くなり、理解のある会社に出会えるチャンスは少ないかもしれません。 ある程度は運になってしまいますが、どうしても就職先が決まらなかった場合は、正社員にこだわらないという選択肢もあります。 まずは契約社員としても良いから採用して働きを見てほしいと伝えたり、社員登用の可能性がある契約社員募集企業に応募します。 企業は常に良い人材を探しています。不景気で人材募集をしていない会社でも、会社に利益をもたらす人であれば、ぜひ正社員採用をしたいのです。働きぶりの良い人は、企業から必要とされ、正社員として登用される人もいます。 ブランクが続くよりは、実績をつくりスキルアップする方が有意義です。働く姿勢を証明するためにも、最初から正社員になることにこだわらず、正社員へのステップアップも考慮して、作戦を練りましょう。

HOME > 転職が成功する人の考え方 > 正社員にこだわるよりも無職の期間をできるだけ短くする

このページのTOPへ

© 2018-2020 転職成功の栞&幸運を呼ぶ転職術 リベラロンド