面接の服装に手を抜かず、面接官や企業に好印象を与えられる

面接の服装に手を抜かず、面接官や企業に好印象を与えられる

面接の服装に気を配れる人は好感をもたれる

中途採用の場合、面接の服装に悩み、とりあえずスーツなら問題無しと考える人も多いですが、共通して言えることは「企業になじみ、面接官に好印象を与える服装」を選ぶことが大切です。
転職に成功する人は、第一印象に重要なツールとなる服装に手を抜きません。スーツでも通常の服装でも、だらしないヨレヨレの服などはNGです。

基本的には面接を受ける会社のスタイルに合わせます。
スーツにネクタイの人が多い企業では、自分もスーツにネクタイで行きます。事務職や店員などの場合は、通勤時は普段着でも、制服に着替えて仕事をすることもあります。その場合は制服をイメージさせるスーツの方が良いでしょう。
営業職は営業先のお客様にスーツで会うことも多いため、スーツを着ていく方が無難です。

カジュアルなスタイルの人が多く働く会社では、面接時の服装に指定がない場合は、普通の服装でも構いません。ただし、清潔で派手過ぎない上品な服装が好ましいです。

カジュアルの基準は難しいですが、業界の種類なども検討して選びます。美容関係やデザイン関係、ファッション関連の場合はおしゃれな洋服を選ぶことで、美意識の高さや趣味の良さもアピールできます。

迷った時は男性の場合はジャケットとネクタイ、女性の場合はブラウスとジャケットなどスーツに近い清潔感と、硬派な印象を与えるものに整えて面接に臨んで下さい。

応募する企業のことを前もって調べておき、社風に合わせた服装であれば、面接する側の企業も、あなたが企業の一員となった時の雰囲気をイメージしやすく、馴染める人であるという印象も与えやすくなります。

服装以外にも用意するべきものがあります。靴、鞄、髪型(ヘアスタイル)や、女性の場合はメイクでも印象を変えられます。どんな時間帯でも整ったシャツ、綺麗な靴で、疲れた顔をしないことも大切です。

面接では、面接官や企業の顔として採用できる人かどうかも見られています。小さな企業の面接であっても、取引先には観光庁や大企業があり、どこへ行っても好印象を与えられる人が採用されます。

現在在職中の人は注意が必要

普段カジュアルな服装で仕事をしている人が、仕事の後で応募先の面接に出向こうと、朝からスーツで仕事をしていると、転職活動をしていると噂になり、周囲に事情を知られてしまいかねません。
実際に、現在の仕事場での雰囲気や行動が変わり、転職予定であることが知られ、次の仕事が決まらないうちに、慌てて退職せざるを得ない状況に追い込まれてしまう人もいます。

そうなると、時間をかけて希望の企業に転職する予定が、ブランクがあると収入が無くなったり、次の転職に不利になるのではないかと考えて焦り、早期に内定をもらった企業に決めてしまうことになりかねません。
慌てて転職先を決めてしまった少し後で、希望していたより良い条件の求人が出て、迷いながら、または後悔しながら仕事を続ける人もいます。

服装に注意するというのは面接に向けた対策という意味だけではなく、在職中の会社にも配慮をする必要があります。ネクタイは面接に向かう前に身につけたり、着替える場所を用意するなど、ギャップが生まれないようにしましょう。

現在の職場にも気を配りましょう

転職は、現在在職中の企業からすると、あまり良い印象を与えるものではありません。悩んでいたとしても、上司や同僚に相談するのは控えることをおすすめします。転職後の道が決まるまでは、服装や態度からも悟られないようにしましょう。

こういった気配りは、次の転職先でも必要となるスキルです。自然なカタチで臨機応変に対応できること、機転が効く人であることは、大きな無言のアピールポイントとなります。 誰もが退職する際には円満退職を望んでいるものですが、服装ひとつ気を配れるかどうかでも、転職においては成功と失敗の別れ道となります。

HOME > 転職が成功する人の考え方 > 面接の服装に手を抜かず、面接官や企業に好印象を与えられる

このページのTOPへ

© 2018-2020 転職成功の栞&幸運を呼ぶ転職術 リベラロンド