頭の中で考えるだけより文章に起こす方が転職成功率が高い

頭の中で考えるだけより文章に起こす方が転職成功率が高い

「面接は臨機応変に対応します」というと聞こえは良いですが、面接対策をしない人の多くは「行き当たりばったり」で失敗する傾向にあります。どうせ面接で何を訊かれるか分からないから…というのは言い訳で、実際に面接は事前に準備をすることで、成功率はグッと高くなります。志望動機など、面接で訊かれることはある程度想定できるため、スムーズに答えられるよう準備し、練習しておくことが重要です。

面接で訊かれることが多い質問

・自己紹介
・自分の強みと弱み
・職歴・転職歴
・転職時期と希望年収
・会社選びの方針

ところが、これらを質問されると分かっていながら面接に失敗してしまう人もいます。
失敗してしまう人の多くは、具体的に文章をまとめなかったことが大きな理由です。頭の中で漠然と考え、どうにかなるだろうと考えます。本番で初めて文章にしようとする際、まとまりきらずに、内容が伝わらなかったことで評価を下げてしまうのです。

自分は大丈夫と思っていても、いざという時に緊張して、言葉が出てこなくなることはあるものです。頭で漠然と考えるのではなく、先の質問に対する答えを文章で起こしてみて下さい。

文章で作成すると、多くの人は文章が長く、クドイ説明をしがちです。面接では重要なポイントを適切な長さで伝えることが重要です。また作成した文章を完全に覚えるのではなく、自分が伝えたいポイントはどこにあるのかを確認します。マーカーや下線を引くのも良いでしょう。

そこで再度、簡潔に文章をまとめてみましょう。想定問題を作り、適宜言葉を組み替えて、伝えたいポイントが伝わるように練習しておきます。何度か繰り返していると慣れてくるため、面接にも緊張もしなくなり、しっかりと自分のことを伝えられるようになります。

もし、転職サイトのサポートをうける場合は、面接の練習をしてくれたり、企業の業種によってよく尋ねられる質問を教えてくれます。転職サイトを通して複数の企業に応募する場合は、応募した企業があなたの面接を評価して、転職エージェントにフィードバックされることもあります。良かった点悪かった点を教えてもらえることは、大変有益です。徐々に面接での対応が良くなっていき、もし今回が不採用であっても次の会社ではもっと良い対応が可能となります。

一番押さえておきたいのは、「あなたはその企業にどういった点で貢献できますか?」ということです。企業への貢献とはえ、概ね、売上を上げられる要素、コストを下げられる要素になるでしょう。
経理や事務員の場合は売り上げを直接上げることはできませんが、こういうコストを削減できるという内容や、システムを導入してより効率の良い回転を促せるなど、自分が応募する分野や、会社全体を考えて貢献できる内容をまとめておきましょう。

気をつける点は、一生懸命貢献をアピールしても、会社から「私達が求めているのは○○で貢献できる人です」と言われることがあります。そう言われると萎縮してしまいそうですが、怖がらず、またスマートに「その点においては、○○で貢献致します(できます)」と伝えましょう。

特に日本人はディスカッションに慣れておらず、自分が直接意見されると萎縮してしまいがちです。ですが黙り込んだり、不安になる必要はありません。自分の意見がしっかり言えるかどうかを確かめられていることを前提に、ここぞとばかりに自分の思いをしっかりと聞いてもらいましょう。面接官とラリーをするつもりでいるくらいが丁度よい心構えです。

調子が出てきたのに面接で失敗する人

面接では、将来自分が会社を離れる趣旨の内容や、今応募している職種以外の配属を希望することはNGです。例えば「将来は独立(起業)したい」「何年かしたら営業から広報をやりたい」などです。

面接官との対話がうまくいくと、ついつい調子が上がってきて、やる気を伝える勢いでついこれらのことを言ってしまう人もいますが、今応募している企業かつ職種の実績もない人が、将来をあれこれ語るのは印象が悪く、面接は自己実現を語る場でもありません。企業からは、あなたがステップアップの場として当社を応募してきたように見えてしまいます。企業はあなたのキャリアアップの踏み台でも、起業家の育成場所でもありません。
あなたが応募する職種で、企業にどのように役立てるかを考えておきましょう。

「面接は臨機応変に対応します」というと聞こえは良いですが、面接対策をしない人の多くは「行き当たりばったり」で失敗する傾向にあります。どうせ面接で何を訊かれるか分からないから…というのは言い訳で、実際に面接は事前に準備をすることで、成功率はグッと高くなります。志望動機など、面接で訊かれることはある程度想定できるため、スムーズに答えられるよう準備し、練習しておくことが重要です。

面接で訊かれることが多い質問

・自己紹介
・自分の強みと弱み
・職歴・転職歴
・転職時期と希望年収
・会社選びの方針

ところが、これらを質問されると分かっていながら面接に失敗してしまう人もいます。
失敗してしまう人の多くは、具体的に文章をまとめなかったことが大きな理由です。頭の中で漠然と考え、どうにかなるだろうと考えます。本番で初めて文章にしようとする際、まとまりきらずに、内容が伝わらなかったことで評価を下げてしまうのです。

自分は大丈夫と思っていても、いざという時に緊張して、言葉が出てこなくなることはあるものです。頭で漠然と考えるのではなく、先の質問に対する答えを文章で起こしてみて下さい。

文章で作成すると、多くの人は文章が長く、クドイ説明をしがちです。面接では重要なポイントを適切な長さで伝えることが重要です。また作成した文章を完全に覚えるのではなく、自分が伝えたいポイントはどこにあるのかを確認します。マーカーや下線を引くのも良いでしょう。

そこで再度、簡潔に文章をまとめてみましょう。想定問題を作り、適宜言葉を組み替えて、伝えたいポイントが伝わるように練習しておきます。何度か繰り返していると慣れてくるため、面接にも緊張もしなくなり、しっかりと自分のことを伝えられるようになります。

もし、転職サイトのサポートをうける場合は、面接の練習をしてくれたり、企業の業種によってよく尋ねられる質問を教えてくれます。転職サイトを通して複数の企業に応募する場合は、応募した企業があなたの面接を評価して、転職エージェントにフィードバックされることもあります。良かった点悪かった点を教えてもらえることは、大変有益です。徐々に面接での対応が良くなっていき、もし今回が不採用であっても次の会社ではもっと良い対応が可能となります。

一番押さえておきたいのは、「あなたはその企業にどういった点で貢献できますか?」ということです。企業への貢献とはえ、概ね、売上を上げられる要素、コストを下げられる要素になるでしょう。
経理や事務員の場合は売り上げを直接上げることはできませんが、こういうコストを削減できるという内容や、システムを導入してより効率の良い回転を促せるなど、自分が応募する分野や、会社全体を考えて貢献できる内容をまとめておきましょう。

気をつける点は、一生懸命貢献をアピールしても、会社から「私達が求めているのは○○で貢献できる人です」と言われることがあります。そう言われると萎縮してしまいそうですが、怖がらず、またスマートに「その点においては、○○で貢献致します(できます)」と伝えましょう。

特に日本人はディスカッションに慣れておらず、自分が直接意見されると萎縮してしまいがちです。ですが黙り込んだり、不安になる必要はありません。自分の意見がしっかり言えるかどうかを確かめられていることを前提に、ここぞとばかりに自分の思いをしっかりと聞いてもらいましょう。面接官とラリーをするつもりでいるくらいが丁度よい心構えです。

調子が出てきたのに面接で失敗する人

面接では、将来自分が会社を離れる趣旨の内容や、今応募している職種以外の配属を希望することはNGです。例えば「将来は独立(起業)したい」「何年かしたら営業から広報をやりたい」などです。

面接官との対話がうまくいくと、ついつい調子が上がってきて、やる気を伝える勢いでついこれらのことを言ってしまう人もいますが、今応募している企業かつ職種の実績もない人が、将来をあれこれ語るのは印象が悪く、面接は自己実現を語る場でもありません。企業からは、あなたがステップアップの場として当社を応募してきたように見えてしまいます。企業はあなたのキャリアアップの踏み台でも、起業家の育成場所でもありません。
あなたが応募する職種で、企業にどのように役立てるかを考えておきましょう。

HOME > 転職が成功する人の考え方 > 頭の中で考えるだけより文章に起こす方が転職成功率が高い

このページのTOPへ

© 2018-2020 転職成功の栞&幸運を呼ぶ転職術 リベラロンド