2-5)履歴書の志望動機の書き方

2-5)履歴書の志望動機の書き方

志望動機の書き方

志望動機とは、その企業・業務に応募したいと思う理由のことです。あなたにとって何かしらの魅力があるからその企業に応募したいと思われているはずです。
最初に、履歴書を提出する企業、つまりこれから応募する企業の魅力を出来るだけたくさん書き出して下さい。

みなさん(誰でも)が思う魅力もあれば、あなたにしか見出せない魅力もあります。自分だけが書ける企業や事業の魅力を記載しつつ、志望動機を書き出すことで、採用担当者の心を引いて下さい。

自分にしか書けない志望動機の見つけ方

1、前回の職場の退職理由から見つける

自分だけの志望動機は前回の仕事を退職した理由から見つけることも出来ます。
応募したいと思った企業は、「前回の職場では達成出来なかったことを実現できる会社」であると期待しているからだと思います。

「このような目標に向かって、これまではこのように頑張ってきたけれど、ここが限界となり、応募する会社ではこの部分への期待感から達成できると思った」
このように考えると、これまでの自分だけの経験と応募する企業の魅力を語ることが出来ます。
また、30代以上の場合、目標を持たずに仕事をしてきた人は論外とされても仕方ありません。常に目標を持って仕事をしていること、達成するためにどのように努力している人か、ということも伝えることが出来ます。

2、キャリアプランから見つける

事前準備で行ったキャリアプラン作成資料を確認します。
自己分析ワークシート見ながら、次の質問の答えを記載して下さい。具体的に文章で詳しく記載して下さい。

【1】応募先企業でやりたいことは何ですか?
【2】応募先企業があなたに求めていることは何ですか?
【3】入社してできることはどんなことですか?

この3つの交わるところ(共通点)こそが応募する企業と、あなたをつなぐ「絆」となり、双方が与え合える共通のメリットとなります。

【1】は先の1、で記載した内容です。
【2】については、企業のニーズを読み取ります。
企業のニーズを読み取った上で、【3】自分はどのようにニーズに対応できるのか、何ができるのかを書き出します。

志望動機はキャリアプランと矛盾しないことが大切

この書き出しを行なっていると、応募する会社に入社してキャリアプランを実現することが可能かどうかが見えてきます。
企業への入社はキャリアプラン実現のステップのひとつです。このステップの方向が合っているのかを見直す機会にもなります。

実際は働いてみないと分からないことも多いと思います。事実、時代に合わせて進化する仕事や業務は、将来的に思っていたものと違った変化をすることもあります。
それでもキャリアプランの作成は人生において長期的な展望に立つことが出来ます。将来を見据えた転職活動は、目先の利益にとらわれてしまう迷いやブレを正してくれるため、常に立ち位置を確認し、自身の希望との整合性を取り続けることに役立ちます。

志望動機をまとめるコツ

先にまとめた企業の魅力、自身の目標達成が叶えられそうな企業や仕事の特徴、キャリアプランに対応したニーズがあること、自分なら企業の期待に応えられるところをまとめて、文章にしてみましょう。
すると、履歴書の枠から大きくはみ出してしまう文字数になることがあります。 その場合は、企業のニーズに応えられることと自身のキャリアプランに合っていること、重要な言葉を優先的に記載し、文字数を読みやすくスリム化して、ポイントが伝わりやすい文章となるようにまとめましょう。

おすすめ転職サイト・無料サポートエージェント)

志望動機の書き方

志望動機とは、その企業・業務に応募したいと思う理由のことです。あなたにとって何かしらの魅力があるからその企業に応募したいと思われているはずです。
最初に、履歴書を提出する企業、つまりこれから応募する企業の魅力を出来るだけたくさん書き出して下さい。

みなさん(誰でも)が思う魅力もあれば、あなたにしか見出せない魅力もあります。自分だけが書ける企業や事業の魅力を記載しつつ、志望動機を書き出すことで、採用担当者の心を引いて下さい。

自分にしか書けない志望動機の見つけ方

1、前回の職場の退職理由から見つける

自分だけの志望動機は前回の仕事を退職した理由から見つけることも出来ます。
応募したいと思った企業は、「前回の職場では達成出来なかったことを実現できる会社」であると期待しているからだと思います。

「このような目標に向かって、これまではこのように頑張ってきたけれど、ここが限界となり、応募する会社ではこの部分への期待感から達成できると思った」
このように考えると、これまでの自分だけの経験と応募する企業の魅力を語ることが出来ます。
また、30代以上の場合、目標を持たずに仕事をしてきた人は論外とされても仕方ありません。常に目標を持って仕事をしていること、達成するためにどのように努力している人か、ということも伝えることが出来ます。

2、キャリアプランから見つける

事前準備で行ったキャリアプラン作成資料を確認します。
自己分析ワークシート見ながら、次の質問の答えを記載して下さい。具体的に文章で詳しく記載して下さい。

【1】応募先企業でやりたいことは何ですか?
【2】応募先企業があなたに求めていることは何ですか?
【3】入社してできることはどんなことですか?

この3つの交わるところ(共通点)こそが応募する企業と、あなたをつなぐ「絆」となり、双方が与え合える共通のメリットとなります。

【1】は先の1、で記載した内容です。
【2】については、企業のニーズを読み取ります。
企業のニーズを読み取った上で、【3】自分はどのようにニーズに対応できるのか、何ができるのかを書き出します。

志望動機はキャリアプランと矛盾しないことが大切

この書き出しを行なっていると、応募する会社に入社してキャリアプランを実現することが可能かどうかが見えてきます。
企業への入社はキャリアプラン実現のステップのひとつです。このステップの方向が合っているのかを見直す機会にもなります。

実際は働いてみないと分からないことも多いと思います。事実、時代に合わせて進化する仕事や業務は、将来的に思っていたものと違った変化をすることもあります。
それでもキャリアプランの作成は人生において長期的な展望に立つことが出来ます。将来を見据えた転職活動は、目先の利益にとらわれてしまう迷いやブレを正してくれるため、常に立ち位置を確認し、自身の希望との整合性を取り続けることに役立ちます。

志望動機をまとめるコツ

先にまとめた企業の魅力、自身の目標達成が叶えられそうな企業や仕事の特徴、キャリアプランに対応したニーズがあること、自分なら企業の期待に応えられるところをまとめて、文章にしてみましょう。
すると、履歴書の枠から大きくはみ出してしまう文字数になることがあります。 その場合は、企業のニーズに応えられることと自身のキャリアプランに合っていること、重要な言葉を優先的に記載し、文字数を読みやすくスリム化して、ポイントが伝わりやすい文章となるようにまとめましょう。

おすすめ転職サイト・無料サポートエージェント)

HOME > 30代・40代履歴書の書き方 > 2-5)履歴書の志望動機の書き方

このページのTOPへ

© 2018-2020 転職成功の栞&幸運を呼ぶ転職術 リベラロンド