2-6)履歴書の特技欄の書き方

2-6)履歴書の特技欄の書き方

特技欄の書き方

履歴書の特技は多くの人が記載に悩む欄です。
仕事に関することを書けばよいのか、趣味に関することを書けばいいのか、一発芸は有りなのか?
タイトルが簡潔に記載されていることも、どのようなことを記載すべきか迷う原因となっています。

ここで言う特技とは、業務に関係する特技のことで、英会話、パソコンスキル、専門知識の多さ、その他技術などのことです。採用担当者は常に、「●●が出来る人がいれば…」と業務についての技術を持つ人を探しています。以前の職種が違っても、特技を見ることで業種が変わっても対応できる人であれば面接の機会をもらえる可能性が高くなります。
まずは仕事の業務に関係する特技を記載しましょう。

趣味の特技を記載することは間違いとも言えません。
履歴書はどのような人であるかを簡潔に伝える書類で、採用担当者に興味を持ってもらうことが重要です。どのような人というのは、仕事についてのこれまでと今後の経験や姿勢はもちろん、人柄も含みます。そこで特技に趣味を入れることで、どのような嗜好持つ人であるかを伝えることもできます。
もし記載するとしても、業務に関する特技を優先させて、最後に人柄を覗かせても構いません。

特技は簡潔に記載する。
語学やパソコンスキル、簿記の知識や技術など、職務を遂行出来る能力は特技としてアピール出来ます。
「タイピングスピード」「情報収集」「クレーム対応」「データを見やすくまとめられる」「効果的なプレゼン資料の作成」「素材の特性の知識が豊富」「一度ご挨拶した人の顔と名前を忘れない」なども特技と言えます。

特技を具体的に書き出し、応募する仕事で必要とされると予想出来る特技から、簡潔に記載していきましょう。
詳細を記載する職務経歴書を見てみたい、と思われるように、読みやすく伝わりやすい言葉で記載して下さい。

おすすめ転職サイト・無料サポートエージェント)

特技欄の書き方

履歴書の特技は多くの人が記載に悩む欄です。
仕事に関することを書けばよいのか、趣味に関することを書けばいいのか、一発芸は有りなのか?
タイトルが簡潔に記載されていることも、どのようなことを記載すべきか迷う原因となっています。

ここで言う特技とは、業務に関係する特技のことで、英会話、パソコンスキル、専門知識の多さ、その他技術などのことです。採用担当者は常に、「●●が出来る人がいれば…」と業務についての技術を持つ人を探しています。以前の職種が違っても、特技を見ることで業種が変わっても対応できる人であれば面接の機会をもらえる可能性が高くなります。
まずは仕事の業務に関係する特技を記載しましょう。

趣味の特技を記載することは間違いとも言えません。
履歴書はどのような人であるかを簡潔に伝える書類で、採用担当者に興味を持ってもらうことが重要です。どのような人というのは、仕事についてのこれまでと今後の経験や姿勢はもちろん、人柄も含みます。そこで特技に趣味を入れることで、どのような嗜好持つ人であるかを伝えることもできます。
もし記載するとしても、業務に関する特技を優先させて、最後に人柄を覗かせても構いません。

特技は簡潔に記載する。
語学やパソコンスキル、簿記の知識や技術など、職務を遂行出来る能力は特技としてアピール出来ます。
「タイピングスピード」「情報収集」「クレーム対応」「データを見やすくまとめられる」「効果的なプレゼン資料の作成」「素材の特性の知識が豊富」「一度ご挨拶した人の顔と名前を忘れない」なども特技と言えます。

特技を具体的に書き出し、応募する仕事で必要とされると予想出来る特技から、簡潔に記載していきましょう。
詳細を記載する職務経歴書を見てみたい、と思われるように、読みやすく伝わりやすい言葉で記載して下さい。

おすすめ転職サイト・無料サポートエージェント)

HOME > 30代・40代履歴書の書き方 > 2-6)履歴書の特技欄の書き方

このページのTOPへ

© 2018-2020 転職成功の栞&幸運を呼ぶ転職術 リベラロンド